<第170回 平成31年1月の例会報告>

——————————————————————
1月例会の案件

日時:1月26日(土)
10時―12時:例会
13時―16時:質問タイム・デイジー個別相談窓口
場所:日本ライトハウス情報文化センター(肥後橋) 4階の第3会議室
http://www.iccb.jp/access/
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-13-2
大阪メトロ 四つ橋線 肥後橋駅 2番出口からすぐ

案件
(1)H31年度教科書ChattyBookExpressの検証について
(2)H31年度新規教科書製作について
(3)「教科書作成手順」について
(4)予定
・1/27 LLブックセミナーでの展示
(5)報告
・1/17 文科省との話し合い 教科書データ管理機関の入札仕様 於:文科省
・1/19 路地カフェ上映会でのデイジー情報提供
(6)お知らせ
・1/29 富士ゼロックス「障害のある児童生徒の教科書に関する講習会」大阪会場
・2/24(日) リハ協による「デイジー教科書事例報告会」 13:30~17:00 於:戸山サンライズ
————————————————————————-

<第169回 平成30年11月の例会報告>

<11月の例会報告
日時:11月24日(土)
場所:大阪北浜沢の鶴ビル 8階ハマダ眼科
本日の出席者:濱田つ・濱田し・近藤・大垣ゆ・戸田・横井・秋本・大垣ま・河村・國武(午後からの参加)・濱野ま

<本日の例会内容>
(1)平成30年度教科書製作進捗状況の確認
今年度担当の教科書製作はすべて終了しました。

(2)講演会準備
①参加申込み状況(平成30年12月1日現在)
②個別相談への対応
・相談1(保護者):パソコンでの教科書下巻の入れ方がわからない。
担当者:国武チーム
・相談2(中学校の学校図書館担当者):担任の先生からの依頼で、パソコンのデイジー教科書の全ルビ画面をプリントアウトしている。効率のよい方法はないか。
担当者:大垣チーム
③配布物の確認
・プログラム
・講演者レジメ
・NaDパンフレット
・リハ協三つ折パンフレット
・デイジー教科書利用までの流れ
・デイジー教科書活用事例掲載サイト
・マルチメディアデイジー図書ダウンロードサイト
・ライトハウスの図書一覧
・NaDより本の紹介+「読みたいのに読めない君へ」冊子のチラ
・VOD5チラシ(サイパックさんに依頼)
・PlextalkProducerといーリーダーパンフレット(シナノケンシさんに依頼)
・LLブックセミナーとLLブックフェアのチラシ
・デイジーコンソーシアム入会案内
・アンケート
④懇親会
⑤チラシ配布報告

(3)予定
①12月12日(水)
Epub移行部会 10:00-12:00
ネットワーク会議 13:30-15:30
マニュアル部会 16:00-17:30
場所:戸山サンライズ 大会議室
②1月27日(日)
LLブックセミナーにて展示
13:00-16:30(会場:12:30)
場所:大阪市立中央図書館5階大会議室

(4)お知らせ
①12月6日(木)終了
リハ協セミナー「読み書き障害児の教育支援 -デジタル教科書(デイジー教科書)の取り組みと今後の課題-」
②12月8日(土)・9日(日) 終了
Chatty研修会
③富士ゼロックス「障害のある児童生徒の教科書に関する講習会」
・12月25日(火)東京会場
場所:富士ゼロックス六本木ショールーム
・1月29日(火)大阪会場
場所:アヴィーナ大阪(公立学校共済組合大阪宿泊所)

<次回の例会
(注)12月の例会はお休みです。
・ 日時:1月26日(土)
連絡事項等 AM10:00~PM12:00頃
質問タイム PM1:00~PM3:00頃
・場所:日本ライトハウス情報文化センター 第3会議室

以上、これで、2018年10月の例会報告を終わります。

○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎
濱野 真士
○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎
——————————————————————————-

<第168回 平成30年10月の例会報告>

<10月の例会報告
日時:10月27日(土)
場所:日本ライトハウス情報文化センター 4階第2会議室
本日の出席者:濱田つ・濱田し・近藤・大垣ゆ(午後からの参加)・横井・河村・大垣ま・深田・太田(午前中のみ参加)
・田中和(午後からの参加)・國武(午後からの参加)・濱野ま

<本日の例会内容>
(1)平成30年度教科書製作進捗状況の確認

(2)新作デイジー図書
・「キューピー」byまほ
・「ペンギンたいそう」(製作途中)by深田

(3)講演会について
①広報について
・チラシの配布担当の確認
・チラシと封筒を準備
・チラシと挨拶文のデータをowncloudにアップ
②プログラムの確認
③準備物の確認
・プロジェクター:ライトハウス
・WiFi:ライトハウス
・iPadとAndroid:ライトハウス(数は追って相談)
・スクリーン:壁
・パソコン:デモ用は濱野、講師用と展示用はNaD
・受付表:受付係りが事務局より参加者リストをもらって、お名前とご所属でリストを作成
④展示について
・「学校教育法の一部改正」(2019年4月1日施行)を追加
⑤配付資料について
・「マルチメディアデイジー教科書利用」の資料を新規作成
・教育法の一部改正の抜粋
・本の紹介「読みたいのに読めない君へ、届けマルチメディアDAISY」
⑥会場設営の確認
⑦当日の役割分担の追加
・ライトハウス担当:太田さん
・懇親会会場へ案内:田中和・戸田・河村・深田
・荷物の車への積み込み:濱田つ・近藤・濱野ま

(4)報告
①10月9日(火)マニュアル部会とEpub移行部会(濱田し)
②10月20日(土)香芝市立下田小での「えほんのひろば」にて展示(大垣ま・河村)

(5)お知らせ
①11月20日(火)NHK(Eテレ)午後8時30分「きょうの健康」にて「限局性学習症(LD)」放送
①11月23日(金)~11月25日(日)LD学会(新潟)
②11月24日(土)・25日(日)Producer研修会
③12月6日(木)「読み書き障害児の教育支援-デジタル教科書(デイジー教科書)の取り組みと今後の課題ー」
主催:リハ協 場所:有楽町朝日ホール
④12月8日(土)・9日(日)Chatty研修会

<次回の例会
・ 日時:11月24日(土)AM10:00~PM12:00頃:連絡事項等
PM1:00~PM3:00頃:質問タイム
・場所:沢の鶴ビル8階ハマダ眼科
大阪メトロ 堺筋線 北浜駅6番出口より南へ徒歩3分
(*11月は、都合により、会場が変更となります。お間違いなく。)

以上、これで、2018年10月の例会報告を終わります。
○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎
濱野 真士
○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎
————————————————————————-

<第12回マルチメディアデイジー図書講演会>

2018年講演報告
参加者           68名  (欠席6名 当日参加2名)
参加者の所属 : 小学校(25)  中学校(8)  支援学校(2)
教育委員(3) 学校図書館(1) 大学(2)  当事者家族(6)  図書館員(1) 支援関係(8) 議員(3)  ボランティア(7)
視能訓練士(1) 社員(1)

アンケートの簡単なまとめ(アンケート協力  46/68)
(1)本日のマルチメディアデイジー図書講演の内容についていかがでしたか?
満足(30)  やや満足(16)  やや不満足(0)  不満足(0)
(2)マルチメディアデイジー図書について知っていましたか?
はじめて知った(2)  知っていた(32)  使っている(12)
(3)この講演に参加してどのような点がよかったですか?(複数回答可)
役立つ情報がえられた(35)
仕事や活動に役立った(23)
他の参加者と情報交換ができた(6)
抱えていた問題・不安の解消につながった(5)

 

<第167回 平成30年9月の例会報告>

日時:9月29日(土)
10時―12時:例会
13時―16時:質問タイム・デイジー個別相談窓口
場所:日本ライトハウス情報文化センター 4階 第2会議室
http://www.iccb.jp/access/
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-13-2
大阪市営地下鉄四つ橋線肥後橋駅2番出口からすぐ

案件
(1)教科書製作の進捗状況の確認
(2)提供教科書以外の製作の進捗状況の確認
(3)講演会企画
・個別相談会について
・講師
・担当
(4)拡大教科書データの評価について
(5)報告
・8/26 なんとカンファレンス
・8月 拡大教科書・音声教材等の来年度予算の拡充を要望
・9/25  文科省による音声教材会議 大阪会場
・10月 Epub移行部会
(6)予定
・12/2 NaD講演会
(7)お知らせ
・11/24-25 Producer研修会
・12/8-9 Chatty研修会

——————————
「デイジー個別相談窓口」について
対面でマルチメディアデイジーについての質問を受け付けます。
デイジー教科書のダウンロードに困っていませんか?
デイジー教科書の再生に困っていませんか?
タブレットでの再生はうまくいっていますか?
もっと自分に合う図書に編集してほしいと思っていませんか?
会員外の方でもどうぞご相談ください。。
時間と場所が限られていますので、ご相談いただければ必要に応じて対応します。
———————————————————–
製作について質問のある方は濱田滋子まで、
デイジー相談窓口に相談のある方は事務局naradaisy@gsk.orgまで、
事前に内容をお知らせください。よろしくお願いします。
————————————