第8回マルチメディアデイジー図書講演会+ワークショップ(平成26年11月22日)報告

今回初めて聴覚障害の方の受講がありました。聴覚特別支援学校の教員の方で,マルチメディアDAISY教科書の生徒への利用を前提にした受講でした。同伴された先生が手話通訳をされていました。マルチメディアデイジー図書の広がりを感じると共に,講演会時の手話通訳が検討課題となりました。

全盲の図書館員の方の受講がありました。テキストファイルの提供で対応させていただきました。

当事者、保護者、担当教員、巡回相談員、製作者、図書館員、研究者、マルチメディアデイジー図書に関心のある一般の方という参加者構成でした。

 

amis再生講習会
amis再生講習会

 

朝の使い方講座は國武講師、沖田講師が担当

H.Kawamura
H.Kawamura
h-kawamura
h-kawamura

河村宏さんの話は,いつも新鮮です。ジュネーブから帰国され,インドでユニセフとの会合の間の来阪でした。

 

workshop
workshop

workshopの議論は活発でした。

当事者、保護者、担当教員、巡回相談員、製作者、図書館員、研究者、マルチメディアデイジー図書に関心のある一般の方という参加者構成でした。

 

groupe1
groupe1
groupe2
groupe2
groupe3
groupe3

 

s-hamada
s-hamada

そしていつも元気な会長

懇親会は21名の参加で,密なコミュニケーションがとれた一日でした。

<第125回 平成26年10月の例会報告>

10月の例会報告
日時:10月25日(土)
場所:日本ライトハウス情報文化センター(肥後橋)
   4階第2会議室
本日の出席者:濱田し・濱田つ・近藤・大垣ま・大垣ゆ・戸田・沖田・長本(午前中のみ参加)
・國武・横井・田中か(午後からの参加)・松村(午前中のみ参加)・濱野ま

<本日の例会内容>
(1) 平成26年度教科書製作進捗状況の確認
(2)講演会について
集合:11月22日(土)AM9:00日本ライトハウス4階第1・2会議室
①広報について
・チラシ→インターネットディスクに完成版をアップ。
②ワークショップについて
・10人くらいのグループに分かれて語り合う予定。
・模造紙とポストイットと太めの多色サインペンと飴を用意。
・まとめ役と発表係と記録係と時計係を決めてもらう。
・参加者には受付の時にテーブル番号渡す。
・休憩時間に机の配置図を表示。
③当日の係り担当
・全体責任者:濱田し
・ライトハウス担当:長本
・再生ソフトインストール講座講師:國武(AMIS)・沖田(VOD)
・再生ソフトインストール講座助手:濱野ま・大垣ま・長本・濱田つ
・講演会冒頭のデイジー図書紹介:久保田
・司会:久保田
・看板・講演者表示:戸田
・受付:横井・松村・早川(後方支援 近藤)
・会場:近藤
・パネル展示:大垣ゆ
・機器設営:濱田つ・國武
・照明:沖田
・講演会記録(ビデオ):沖田
・会計(会員交通費・懇親会会費):近藤
・講師交通費:謝礼:濱田つ
・お弁当:大垣ゆ
・参加者名簿作成:濱田つ
・懇親会:濱田つ
④展示について
⑤配布物
・プログラム
・講師のレジメ
・NaDパンフレット
・ディスレクシア関係の本の紹介:大垣ま
・マルチメディアデイジー図書一覧:大垣ま
・ライトハウスのマルチメディアデイジー図書一覧:長本
・LLブック講演会案内:濱田つ
・リハ協の三つ折りパンフ
*必要な方には事前にテキストデータを提供
⑥準備物の確認
・プロジェクター:国武・濱田つ
・パソコン:濱田つ
・ポインター:沖田
・マイク:2本 ライトハウス
・小型スピーカー:国武
・延長コード:濱田
・コネクター:濱田
・カラーペン・ポストイット(ワークショップ):沖田
・摸造紙(ワークショップ):濱田し
・飴(ワークショップ):大垣ゆ
・机と椅子:第1、第2会議室
⑦懇親会について
追ってお知らせ

(3) AndroidのVODについて
(4) 弱視の子供たちのデイジー利用について(國武より)
・顔を画面に近づけるため、パソコンよりiPad等の端末機器が使いやすい。
・かなり文字を大きくするので、通常のデイジー教科書の文字サイズの設定より大きく設定する
必要がある。
・ピンチアウトすると、元の場所にもどれないのが大変困る。元の場所にもどれるような仕組み
がないと利用できない。

(5)報告
①10/18 日本デイジーコンソーシアム総会
調布市立図書館ハンディーキャップサービス見学
総会、及び、村田真氏による講演、討論会
②10/19 千里山佐井寺図書館でのデイジー体験会
・参加者:就学前の弱視の子どもさんと家族・図書館関係者・ボランティア他
③10/24 文科省音声教材普及推進会議傍聴
・東大先端研・エッジ・リハ協の取り組みの説明
・事例報告→芳倉先生(香芝市)・高橋先生(生駒市)
④DaisyRingsマルチメディアデイジー対応について
・画像の表示・音声のインポート・太字・ルビへの対応予定。
⑤読売新聞北摂版にデイジーの記事掲載
⑥Dolphinのバージョンアップについて
・トラブルが少なくなった。
・日本語のフォルダ名も開けるようになった。
・DolphinPublisher3.5へのバージョンアップの方法
a,コントロールパネルからDolphinPublisher3.03をアンインストールする。
b,下記のホームページアドレスから、DolphinPublisher3.5日本語版をダウンロードして、イン
ストールする。
http://atdo.sakura.ne.jp/files/mayu/DolphinPublisherDemo_350_Japanese.exe

(6)予定
・11/8 リハ協シンポジウム
「図書館におけるディスレクシアの人への支援」

(7)平成27年度教科書製作の担当希望
(決定ではありません。ネットワークで調整がおこなわれます)
・光村小5国語→濱野ま(製作)・大垣ま(録音)
・光村小6国語→横井(製作・録音)
・東京書籍小4国語→濱野ま(製作)・戸田(録音)
・東京書籍小5国語→戸田(製作・録音)
・東京書籍小6国語→足立(製作・録音)
・日本文教出版小5社会→大垣ま(製作・録音)
・日本文教出版小6社会→近藤(製作)・横井(録音)
・啓林館小5理科→松村(製作・録音)
・啓林館小6理科→横井(製作・録音)

<次回の例会>
(注)11月の例会は、講演会のためありません。
・ 日時:12月13日(土)
AM10:00~PM12:00頃:連絡事項等
PM1:00~PM3:00頃:質問タイム
・場所:未定(決まり次第、後日メーリングリストにて連絡。)

以上、これで、2014年10月の例会報告を終わります。

○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎
  濱野 真士
○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎
————————————————————–